効果的な脆弱性管理体制をお客様独自で立ち上げ運用しようとすると、多くの稼働・コストが必要となるだではなく、誤った評価基準を設けてしまうことで、逆にセキュリティの弱点を作ってしまう危険もあります。

NTT セキュリティでは、グローバルサービス基盤 (GSP)、脅威インテリジェンスプラットフォーム (GTIP) をはじめとする独自技術を駆使したクラウドベースの脆弱性管理基盤を用いて、お客様 ICT 環境毎に最適な脆弱性管理サービスをご提供いたします。

  • 情報資産のドキュメント化
  • スキャンセットアップ
  • スキャン実行
  • NTT セキュリティが実施する限定的スキャン
  • お客様自身が自由に実施可能なスキャン
  • 専任のサービスマネージャの配置 (SDM)

You Are Here

 

3.2.x Managed Security pillar image

Service Categories

セキュアコール

セキュアコールは、お客様の持つ、複雑な技術的課題を解決するためのワンストップ窓口です。

 詳しくはこちら
脆弱性管理

GMSSP、脅威情報等を活用した脆弱性対策を提供いたします。

 詳しくはこちら
セキュリティデバイス管理

セキュリティデバイスを適切に設定・管理することはお客様の情報資産を守るうえで必要不可欠であり、PCI DSS、GLBA、HIPPA、SOX等 の監査要件としても必要です。

 詳しくはこちら
エンタープライズセキュリティモニタリング

ログ監視はセキュリティ上の重要なコンポーネントであり、PCI DSS、GLBA、HIPPA、SOX等の監査要件としても必要です。

 詳しくはこちら
エンタープライズセキュリティプログラムサービス

お客様のセキュリティ課題に最適なマネージドサービスを提供するため、専任スタッフによるセキュリティプログラムの戦略的計画、アーキテクチャ設計、実装、高度分析、報告等のサービスを一元的に提供します。

 詳しくはこちら