ウェブセキュリティサービス

デジタルトランスフォーメーションによりICT環境は急速に変革と発展をとげ、ビジネスを加速させるとともにセキュリティを確保するための最善の方法を検討する必要があります。サイバー脅威はますます巧妙になり、脅威への対抗には洗練されたセキュリティソリューションが必要です。

 

NTTセキュリティは、Symantec社のクラウド型ウェブセキュリティサービス(Cloud Web Security Service、以下WSS)とNTTセキュリティの高度分析サービス(Threat Detection Enhanced:TD-E)を一体的に提供いたします。

本サービスでは通常のWSS機能に加え、WSSログとお客様がご利用のオンプレミスのセキュリティ装置(プロキシ、ファイヤウォール、IPS/IDS、サンドボックス等)のログとの相関分析により、さらに高度なサイバー脅威の検知が提供可能です。

NTTセキュリティが各地に展開するサイバー脅威グローバル分析プラットフォーム(Global Managed Security Service Platform:GMSSP)に組み込むことでグローバルで均質なサービスを提供します。

リアルタイムのネットワーク監視には多くのリソースと専門的な知見が必要であり、専門性の高いセキュリティ人材の確保が難しくなるにつれてこれらのニーズはますます強くなっています。

高度なセキュリティ脅威分析に加えインシデントへの対処やセキュリティ専門家へのお問合せなどの幅広いオプションにより、お客様のデータとインフラストラクチャ保護を支援します。

NTTセキュリティは以下のセキュリティデバイス管理サービスをご提供しています。

ウェブセキュリティサービスの利点は次の通りです。

  • クラウドベースの提供により柔軟かつスケーラブルなサービス提供を実現します。
  • お客様のセキュリティ脅威検知やインシデント対応への労力を削減します。
  • 脅威検知と組み合わせることで、リアルタイムの分析と防御を実現します。
  • 働き方改革などにより広範に広がる環境においてもセキュリティを提供します。
  • 情報漏洩の抑止とアクセスコンプライアンスの強化により、クラウドやWeb利用を支援します。

You Are Here

 

3.2.x Managed Security pillar image